2006年01月10日

ライブのお知らせ

私のサ〜ランギの先生のライブのお知らせです。
2月2日(木)ライブハウスPARADISO(バイラビ2階)でライブを行います。 とてもステキなライブです! 

-------

ゆったりとした、瞑想的な響きを持つ<ライア>の音色に誘われて、あふれてくる、透き通った歌声。
気づいたら、色々な響きがそこにはありました。
観音楽の世界

2月2日(木)夜8時スタートyusukesachiho

 

<小嶋さちほ>  
歌、ライア(シュタイナー教育で開発された瞑想的な響きを持つ竪琴)
80年代初頭より、女性rock bandの先駆け「ZELDA」のリーダー&ベーシストとして、16年間音楽業界にて活動。12枚のアルバムを発表。95年パートナーの「どんと」とともに沖縄に移住、彼の伴奏者として日本各地を巡る。
200年ハワイ島にて、どんとが、突然肉体をはなれ、そのことにより魂の本質のworkへと導かれる。
2001年 富士にて、ライアをつかった音魂瞑想法をさずかる。
2002年 ハワイのチベット寺院にて、女神ターラの唄をうけとり、ハワイ、富士で録音、CD化。
2004年正月、富士にて、観音様のみちびきによる、「観音楽」を制作。オトタマ、コトタマを扱った意識進化、調和のworkをおこなっている。
また、全国のどんと院祭、沖縄の浜降り祭など、地上天国のヒナ型をあらわすマツリのオーガナイザーでもある。
http://www.songstar-donto.com/family.html

<小林祐介>  
サーランギー(インドの砂漠発祥の弦楽器)
1997年、インドにてサーランギーを学ぶ。
芸術の都コルカタにてラメーシュ・ミシュラ師、首都デリーにてモハメッド・ジャファル師、聖なる古都ベナレスにてカナイヤラル・ミシュラ師らの各巨匠に師事。
本国インドにおいても後継者が減りつつある中、バラエティに富んだサーランギの演奏スタイルを身につけ、インド古典音楽演奏・舞踊伴奏などでの公演活動を行う傍ら、幅広いジャンルの音楽家達と交流し、現代におけるサーランギの新しい可能性
を追求し続けている。
http://www.geocities.jp/gamaku100/index.html

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/roco5118/50326846